こんにちは。ぱこりずむです。

今回は童貞の方やセックス初心者の方たち向けに、最初に身につけておくべきセックスの基本体位をまとめてみました。

正常位(せいじょうい)

正常位とは?

女性が仰向けになって股を開き、男性が上になって対面した形で性交する方法を正常位と言います。

最もオーソドックスでセックスでは基本中の基本と言われる体位です。初めてセックスする人は殆どがこの体位から入るのではないでしょうか。セックス初心者の方も避けては通れない体位です。

正常位は男性が気持ちいいように自分の加減で腰を振れるため、最後のフィニッシュに使われやすい体位でもあります。

正常位のやり方

正常位での挿入方法は、まず女性が仰向けになり膝を曲げて股を開きます。そして男性が覆いかぶさるようにして勃起したペニスを膣へ挿入します。挿入のコツとしては膣の割れ目の上方(クリトリス付近)からペニスを這わせるようにして押し込むと、暗闇でも挿入がしやすいです。また挿入する穴を間違えることもありません。

亀頭部分が入るのを確認したら、ゆっくりと根元まで挿入し腰を動かします。

身体全体で腰を振るのではなく、腰を押したり引いたりすることを意識して腰を振りましょう。

正常位でより気持ちよくなるために

正常位の魅力はなんといっても対面で合体できること。男性が状態を起こして腰を振れば相手の感じている顔やおっぱいを見ながらセックスできます。男性は目で興奮する生き物ですから、この時の興奮はかなりのものがあります。

また、男性が女性に抱きつくようにして腰を振る密着正常位もおすすめ。耳元で優しくエロい言葉や相手を思いやる言葉囁やけば、女性も興奮して膣が締まりペニスをより快楽へと導いてくれます。

正常位中に相手の乳首を手や舌で刺激したりすると、さらに興奮度が高まります。乳首が性感帯の女性には特に効果的。

後背位・バック(こうはいい)

後背位とは?

後背位とは、バックと呼ばれている体位で、女性を四つん這いにさせて男性が背後から挿入するセックスの方法です。

バックもポピュラーな体位です。正常位の次に盛んに行われている体位がバックです。

Gスポットを刺激できる体位なので女性が好む体位の一つでもあります。

後背位(バック)は男性から見て相手の顔が見れません。これはある意味どんな顔の女でも抱けるという魔法の体位です。

後背位(バック)のやり方

後背位は、まず女性が四つん這いになって膝をつきます。そこへ背後から膝をついた状態の男性が勃起したペニスを膣へ挿入します。

男性は、女性の腰部分を掴んで自分の股関節や膀胱付近全体を女性に打ち付けるようにして腰を振ります。この時に女性の腰をしっかりと掴むと安定して腰を振りやすいです。

アナルと膣穴を間違えないように、女性の割れ目の上方(クリトリス付近)からペニスを這わせて挿入しましょう。

後背位(バック)でより気持ちよくなるために

後背位(バック)は一度慣れるととにかく激しく腰を振ることが可能です。

おすすめは男性側が膝立ちではなく、足裏を地面につけて中腰で腰を振ること。そうすることにより、上からもろにGスポットに亀頭を直撃させることができるので、女性の膣の締まりもよりきつくなり、興奮は最高潮に。

女性がバックでイキやすいのは、Gスポット突かれるという理由からなのでしょう。

四つん這い状態から、女性の肩や腕を掴んでエビ反り状態にさせると、膣内でペニスのあたるところが変わってより興奮するかもしれません。

騎乗位(きじょうい)

騎乗位とは?

騎乗位とは、寝そべった男性の上に女性が跨がり合体する体位です。

騎乗位ピストンでの胸の揺れは、巨乳であればダイナミックに上下に揺れるのでくせになる方も多いです。

また、騎乗位には男女が向き合う対面騎乗位と、女性が男性に背中を向ける背面騎乗位があります。

騎乗位のやり方

騎乗位は、男性が仰向けの状態で寝ている上に女性が跨がりペニスを挿入します。

騎乗位は男性が動く場合もあれば、女性が動く場合もあります。女性が動く場合はその流れに任せて女性の上下運動で気持ちよくさせてもらいましょう。

また、体力のない女性に対しては男性の方から腰を動かしてあげます。女性の太ももあたりを手で支えてあげて腰を上に突き上げるようにしてピストン運動をします。

この場合、女性の体重をしっかり支えてあげればかなり激しく腰を振ることができます。

騎乗位でより気持ちよくなるために

騎乗位は、女性ばかりに任せるのではなく男性側も積極的に動きましょう。下からの突き上げピストンでは、膣の奥まで挿入することが可能なので、ポルチオが開発されている女性ならば、一層膣が締まりだします。

また、女性の身体を男性側に倒して、密着しながら男性が腰を振るのも愛を感じられておすすめです。この時に女性の耳を舐めたりするのもいいかもしれません。

女性側であれば騎乗位で上下に腰を振るのではなく、腰をスライドさせてクリを男性の陰毛付近に擦り付けるように腰を振ってもらうグラインド騎乗位もおすすめです。

対面騎乗位から背面騎乗位に体位を変えてピストンする当たる場所も変わりますし、女性のアナルを観察しながら合体できるので、アナル好きの方は是非試してください。

座位(ざい)

座位とは?

座位とは、お互いが向かい合った状態で合体する体位のことです。

この体位は非常に密着感が合ることが特徴です。抱き合いながら相手の顔も確認しつつセックスを楽しむことができます。

また、座位が気持ちいいという女性も多く女性にとって人気の体位です。

正常位から騎乗位へ体位チェンジする時などによく行われます。

座位のやり方

男性があぐらや足を広げて座っているところに、女性が跨がりペニスを挿入します。

騎乗位の状態から男性が身体を起こしたバージョンだと思ってもらえると良いかもしれません。

この状態で男性は腰を振ることができません。なので基本的に腰振りは女性に任せることになります。

座位でより気持ちよくなるために

座位の特徴としてはなんと言っても密着感。この密着感を活かして耳元で囁いたり、ディープキス、耳舐め等を積極的に行いましょう。

女性はこういったディープキスや囁き等で感じ方も変わってきます。女性が興奮すれば、その興奮も膣を通してペニスに伝わってきますので、ここらへんは怠らないことが重要です。

側位(そくい)

側位とは?

側位とは、男女が横向きになって合体する体位です。添い寝している状態で女性の膣に男性が横から挿入します。

いちゃいちゃしながら流れでそのまま挿入できる体に負担が少ない体位です。

また、側位には対面で挿入する対面側位と背後から挿入する背面側位があります。

側位のやり方

挿入方法は、ベッドにお互いが横になった状態で、女性の背後から男性が挿入します。

女性の方はお尻を少し突き出すようにして、上の足を少し前に出すと挿入しやすいです。穴の位置を確認しながら挿入するのが難しい体位ですので、アナルに間違って挿入しないように気をつけましょう。

側位でより気持ちよくなるために

側位の特徴としてはやはり密着感でしょう。そしていつ突かれるかわからないドキドキ感。

おっぱいを揉みながら耳元で優しい言葉を囁やけば女性の興奮も高まり、アソコのすべりがよくなるはずです。

また、女性側の上足を持ち上げて激しいピストンすることも可能ですので、ピストン速度を変化させるとより快感が高まるかもしれません。

セックス初心者が身につけておくべき基本体位!童貞必見w:まとめ

童貞でセックスのやり方がよくわからない方や、セックスで正常位しか試したことがないという方は、これを機に是非上に掲げた体位にチャレンジしていって欲しいと思います。

こちらの記事も読まれてます