実は、ハメ撮り動画でお金を稼げるって知ってましたか?

女の子とセックスして美味しい思いをしながら、お金まで稼げちゃうって最高ですよね。

今回はこれからハメ撮りで稼いでやる!という初心者の方向けに、どうやって稼ぐのか、流れやコツをまとめました。

ハメ撮り動画を販売できるサイトって?

ハメ撮り動画を販売できるサイトは以下のようなサイトです。今回は2つ紹介。

FCアダルトコンテンツマーケット

FC2アダルトコンテンツマーケットは国内では最大級の素人作品が拝める個人販売サイトです。動画数は39万本以上が登録されており、国内では最大級の超マンモスサイト。素人動画の売買が毎日盛んに行われています。全動画が買い切り制となっており、一度購入してしまえばパソコンにダウンロードして見放題です。

FC2アダルトコンテンツマーケットは実際に購入してレビューしています↓

 

Gcolle

Gcolleも素人が撮影した動画を販売できるマーケットプレイスです。ハメ撮り作品もありますが、こちらはどちらかというとパンチラ盗撮の動画がメインです。FC2と同じく買い切り制で、パソコンにダウンロードすれば見放題です。買い切り制なので、特に退会の必要もありません。

 

ハメ撮りに必要なモノを準備する

ビデオカメラの準備

ハメ撮りと言ってもカメラが無ければ始まりません。

FC2アダルトコンテンツマーケットでは、スマホカメラで撮影した動画でも売れていきます。しかし、クオリティの低い作品は固定客もつきにくくたいしてお金になりません。

本気で売れるハメ撮り動画を撮影するには、専用のビデオカメラを購入が不可欠です。ランキング上位で売れている動画はどれもハイビジョン画質なのも事実です。

カメラは手持ちカメラ1台と固定カメラ3台にあれば十分です。

三脚の準備

固定カメラを設置する三脚の準備をしましょう。

ベストなアングルを追求するなら三脚は絶対に必要になってきます。

上から俯瞰で撮るのもよし、ベッドの後ろから連結部分を狙うのもよし、使い方はそれぞれですが売れている動画は固定カメラで撮影している映像もしっかり撮っています。

照明機材の準備

モデルをより美しく見せるための照明機材を準備します。

照明機材は、必須ではありませんがあればより鮮明に被写体を映し出すことができますし、それが売上アップにも繋がります。

資金的に余裕があれば買っておいて損はありません。

デジタルカメラorスマホのカメラ

ハメ撮りはビデオカメラだけと思う人もいるかもしれませんが、販売促進用として写真撮影も必要です。例えば、FC2の動画下に掲載されているサンプル画像などです。

今はスマホでも十分画質の良い画像が取れるので、デジタルカメラが無ければスマホのカメラでも問題ありません。

女の子に支払う出演料の準備

女の子に支払う出演料を準備しましょう。

ハメ撮りの相場はだいたい本番価格に1万円プラスというのが業界のセオリー。だいたい5万円以内で了承してくれる女の子が多いと聞きます。

「ノースキン」か「ゴムありか」や、「顔出しOK」か「顔出しNG」かなど、ハメ撮り状況によっても数万円は前後します。

撮影場所の確保

ハメ撮りの撮影場所はラブホでOKです。

最近では予約できるラブホテルもあります。撮影をスムーズに進めるためにも、予約するようにしましょう。

契約書と承諾書の準備

ハメ撮りの前に契約書と承諾書を書いてもらいます。ハメ撮りするにあたって絶対にやらなければいけない工程の一つです。

無断で販売したら大事になりかねませんから、しっかり書類にサインしてもらいましょう。

避妊用のピルの準備

中出し作品を撮影する場合は、女の子にピルを服用してもらいます。たまにピルを服用させるシーンまで撮っているハメ撮り師もいます。

インターネットで簡単にピルは買えるので、前もって買って準備しておきます。

動画編集環境の準備

ハメ撮りをして販売する前に動画編集という工程を挟みます。

複数台のカメラで撮った映像を切り貼りして、一つの動画として仕上げていきます。

それをするには、PCと動画編集ソフトが必須です。動画編集自体は凝った編集をする必要はないのでイージーですが、快適な作業をするには高スペックなPCがいいでしょう。

ポイント
ハメ撮り作品はそこまで高価な機材は必要ありません。私達はプロではありませんので、ある程度のもので十分です。
PCは数万円のもので足りますし、動画編集ソフトは無料のものがあります。
実際にハメ撮り作品は素人っぽさが出ている方が売れる場合もあります。機材にお金をつぎ込むのではなく女の子探しにお金を使うようにしましょう。

ハメ撮りさせてくれる女の子を探す

ハメ撮りに必要なものの準備が整ったら実際に女の子を探していきます。ハメ撮り作品を販売する上でこの女の子探しが一番苦労します。

セフレをハメ撮りする

すでにセフレがいる方はセフレに頭を下げてみるのもいいかもしれません。

性に寛容なセフレであれば、ハメ撮りの成功率も高いと思います。セフレとは既に信頼関係が出来上がっているというのも大きな利点ですね。

また、一緒に販売して利益を分ける等の交渉を行えば、成功率はぐっとあがります。

いかにハメ撮り動画が儲かるかという事を力説してみましょう。案外お金に目がくらみ撮影OKしてくれるかもしれません。

ナンパして交渉

ナンパがうまい方ならば、ナンパをしてハメ撮り交渉をするというのもありです。

ただし、性に開放的な女性を捕まえる必要があります。そこらへんに歩いているお姉さんに声をかけてもまずハメ撮りなんてさせてくれません。

バーや居酒屋、キャバクラに風俗と性に開放的な女性がいる場所なら成功しやすいようです。現に私のハメ撮り第一号はキャバ嬢ですからねw

ホームページを作って求人を出す

ハメ撮り師の中には、自分でホームページを使ってモデル女優を募集している人がいます。

ここまで、するにはやはりそれなりの知識が必要になります。

外注を利用してホームページ制作をしてもらうというのも可能ですが、これからハメ撮りをするぞ!という初心者の方にはあまりおすすめできる手法ではありません。

ホームページを作るのは一定の顧客がついたあとにしましょう。事業として行うなら当然届け出も必要になります。

プロを使う

AVプロダクションからモデルを指名して、ハメ撮りさせてもらうという手法もあります。

メジャーデビューしていない女の子であれば意外と簡単にハメ撮り撮影を行うことができます。

しかし、相手はプロですので一回の撮影に軽く数十万円は吹っ飛びます。売れているハメ撮り師なら良いかもしれませんが、初心者が最初からプロを使うのは少しハードルが高いです。

出会い系サイトを使う

出会い系サイトを使ってハメ撮りさせてくれる女の子を探すという手法があります。

初心者がモデルを探すのは出会い系サイトが一番てっとり早いです。

FC2アダルトコンテンツマーケットで人気ハメ撮り師のM師も出会い系サイトで見つけているとのこと。

初めは割り切りであって、そこからハメ撮り交渉をする場合もありますし、最初からハメ撮りさせてくれる女の子も実際にいます。

ポイント
ハメ撮り初心者にとって一番ハードルが低いのが、「出会い系サイト」で女の子を探すことです。
出会い系サイトのアダルト掲示板にはエロい女の子がわんさかいますので、そういう女の子たちに、まずはメールでアタックしてみてもいいかもしれません。

ハメ撮りを成功させるための交渉術

せっかく女の子と仲良くなっても肝心のハメ撮り交渉がうまくいかないという場合が結構あります。そこで女の子とハメ撮り交渉を成功させるためのテクニックをご紹介します。

ハメ撮り動画の利益を分配

1回の出演料を支払って終わりではなく、販売しているハメ撮り動画の利益を折半する方法です。

いかに儲かるかを力説すれば、ハメ撮りをOKしてくれる確率は高まります。

ただし、これには女の子との信頼関係が重要になってきます。

法人化したハメ撮り師であれば信用性は高いかもしれませんが、個人での活動となるといかに女の子を信用させるかにかかってきます。

利益報告等の事務的な作業も必要になってきます。

ハメ撮り初心者が最初から利益分配交渉をするは正直難しいです。ハメ撮りの仕組みやどういう動画でどれくらいの利益が出せるかなど、実態を理解してからが好ましいです。

顔マスク

顔を出さないことを条件にハメ撮りをお願いします。ハメ撮り初心者であればまずはここからはじめて見るといいでしょう。

顔を出さないのであれば、女の子の身バレリスクは一気に下がります。

それにより、意外とハメ撮りをOKしてくれる女の子がいたりします。

相場よりも高めの値段設定

金額に渋っているようなら、相場よりも高めの値段設定にします。

実際のハメ撮り相場は本番料金にプラス1万円くらいです。

金額で渋るようでしたら、さらに金額を上乗せするケースもあります。

ポイント
プロを使わないのであれば、交渉を成功させるにあたって女の子との信頼関係が重要になってきます。
極めて真摯な態度で女の子と接するように心がけてください。身なりもしっかり整えるように。女の子は不衛生な男を一番嫌います。

 

いざハメ撮り!そして販売へ!

モデルさんを準備できたら実際にハメ撮りをします。

ハメ撮りのジャンルテーマを決める

基本的にハメ撮りはテーマに沿って撮影します。

世の中には無数のフェチが存在します。そんなフェチに対して作品を発信していくわけです。

「モデルは可愛くないけど、レ◯プ系ハメ撮り作品を作ったら売れまくった!」なんてことは往々にしてあります。

そんなに細かくないフェチでも良いです。例えば、スク水かセーラー服か、顔射でフィニッシュか中出しでフィニッシュかなど、そんな大まかな差でも売れ行きが全く違います。

稼げるハメ撮り動画の内容

FC2動画を見ると、ランキング上位のハメ撮り動画にはある共通点があります。

モデルが可愛い

モデルが可愛いとやはり売れやすいのは当然のことです。上位にランクインしているハメ撮り動画はどれもモデルが可愛いです。

いくら素人とは言っても、売れるハメ撮り動画を撮影するには「モデル選びも重要」ということですね。

中出し作品が多い

売れているハメ撮り動画は、だいたいが中出し作品です。FC2ユーザーは中出しの需要がかなり高いってことなんでしょうね。ハメ撮り師たちの射精量も多めで見どころがあります。

動画の尺が1時間程度

売れているハメ撮り動画は、動画の尺が1時間程度となっています。数十分などの短い動画は、あまり人気がないようです。

無修正作品

海外サーバーで運営されているので、無修正モノがアップロードされているのを見かけます。普段無修正が見れない日本人だからなのか、無修正作品はFC2でも不動の人気を誇っています。

カメラアングルが多彩

売れているハメ撮り師さんはカメラを複数台用意して、様々なアングルからハメ撮りをします。こういう細かいカメラアングル等に力を入れている作品は人気がでて売れやすい傾向があります。

高画質

一昔前のFC2アダルトコンテンツマーケットの作品は画質が汚いものがほとんどでしたが、最近は高画質カメラも登場して、かなり画質が向上しました。売れる作品を作りたいならば、ここは画質にもこだわるべきです。

ポイント
ハメ撮り動画で利益を得たいなら、ランキング上位のハメ撮り師たちの撮影方法を徹底的に真似ることが重要です。
こういう場面では、このアングルでこういうときにはこの角度からなどなど、真似られる部分は徹底的に真似ていきましょう。

少しでも売れやすくするための工夫

動画編集が終わりマーケットプレイスへアップロードをしても、あまり売れ域が良くない…なんてことはよくある話。ここでは少しでも売れやすくするための工夫を書いていきます。

動画詳細欄を詳しく書く

動画をアップロードすると、動画詳細欄という動画説明をかけるところがあります。

ここに動画の詳細を詳しく書いていきましょう。何分~何分はインタビュー、何分~何分はフェラチオ等々。ユーザーにとって買うための判断材料をなるべく多く提示してあげます。

サンプル写真を多く載せる

販売促進用の写真を多く載せるようにしましょう。かなり際どい写真まで惜しみなく載せた方がユーザーの購買意欲が増します。

サンプル動画を作り込む

一番の判断材料であるサンプル動画を徹底的に作り込みます。ここで勝負が決まると言っても過言ではありません。見せられるギリギリのところまで見せて、ユーザーの購買意欲を煽りましょう。

継続投稿して人気を集める

まずは質より量というのはこのハメ撮り業界にも当てはまります。継続的に投稿することによってハメ撮り師の名があがり、次第に人気になっていきます。固定客がついてくれば、動画投稿をすれば自然と売上が上がるようになっていきます。

ブログやSNSを使って集客

集客媒体は何もFC2のようなマーケットプレイスだけではありません。ブログを使って検索エンジンから集客することも可能ですし、SNSを使って見込み客に呼びかけることもできます。上で作ったサンプル動画を貼り付けて、そこから動画購入に結びつけます。

マーケットプレイスを通さずに、自分のブログだけで動画を販売しているハメ撮りしもいます。直販売が一番稼げますので、まさにこれが理想形です。

ポイント
一番大切なのはサンプル動画を作り込むことです。
買おうか迷っているユーザーはサンプル動画で判断することが多いので、ここは絶対に手を抜かないでください。

まとめ

今回は、ハメ撮りで稼ぐ方法を初心者向けにまとめてみました。

インターネットの普及に伴って、ついに個人がハメ撮り配信で稼げる時代になりましたか・・・w

ハメ撮り動画だけで生計を立てている人も実際に存在します。

女の子とセックスしながら生活できるなんて、本当に夢のある話ですね。

興味があれば、チャレンジしてみるのも悪くないかもしれません。まずは行動です!

 

こちらの記事も読まれてます