こんにちは。ぱこりずむ編集部です。

ピンサロでイケずになんとも言えない虚無感に襲われたそこのあなた!

この記事を読んで、改善すればもしかしたらフェラでイケるようになるかもしれません。

今日は、そんなフェラでどうしてもイケない男子諸君のためにフェラでイケない理由や対処法をお教えしたいと思います。

フェラでイケない理由はオナニーの仕方にある!?

フェラでイケない原因はパートナーのせいでもなく、もしかしたら自分自身にあるかもしれません。まずは自分自身のオナニーの仕方を見直してみましょう。特にオナニーの回数や刺激の強さには要注意です。あなたがもし以下にかかげる理由に当てはまったら、ぜひ改善する努力をしましょう。

理由1.オナニーのしすぎ

オナニーをしすぎてませんか?オナニーのしすぎは、刺激にペニスが慣れてしまい感度低下の原因になります。

フェラの刺激は当然手で握った時の刺激より低いのでオナニー回数が多ければ多いほど、フェラでイケなくなるのは言うまでもありません。

フェラでイキたければ、行為前のオナ禁はもちろんのこと、普段からオナニーの回数を減らすことをおすすめします。

 

理由2.皮オナニーをしている

これは意外とやっている人が多いと思います。皮オナニーは、直接亀頭には触れず皮を使って間接的に亀頭を刺激するというもの。

この皮オナニー、ペニスをかなり圧迫しないとできません。

そしてこの圧迫感はフェラにはなく、フェラは直接亀頭を刺激します。この違いに違和感を覚えるとフェラでイケないどころか膣内射精すらもできなくるかもしれません。

普段から皮オナニーをしているとフェラでの刺激がもの足りなく感じるでしょう。ちなみに膣でもイケなくなってしまうと、お医者さんからTENGAをおすすめされるそうです(笑

 

理由3.床オナニーをしている

床オナニーが癖になっていませんか?

子供の頃、うつ伏せになってペニスを床に擦りつけると気持ち良くなったあの感覚。それがいまだに忘れられず床オナニーをする人がいます。

床オナニーは非常に強い刺激がペニスに加わります。この刺激に慣れ過ぎてしまうと、当然それより刺激の少ないフェラでは感じることができなくなります。

ペニスの圧迫感で言えば床オナニーがダントツで一番でしょう。膣内射精障害の方で床オナニーをしていたという方は多いです。

これはある意味生殖機能そのものを自ら潰している危険なオナニーです。今すぐ止めましょう。

 

理由4.足ピンオナニーをしている

足ピンオナニーとは、オナニーする時に足を伸ばして行うことを言います。これを繰り返すとやがて足を伸ばした状態でしかイケなくなってしまいます。

フェラをしてもらう場合は立ちの状態や座った状態など様々なシチュエーションがあります。ピンサロなどでは座りの状態でのフェラですよね。

こういった場合、足ピンに慣れ過ぎてしまっているとなかなかイケません。

普段から椅子に座ってしてみたり体勢を変えてしてみるとよいです。

 

オナニーの仕方は人それぞれ

オナニーの仕方は人それぞれ違います。こうした方が気持ちいいとか人によって気持ちいい個所も違います。

しかし、フェラでイキたい方はそうもいってられません。あのフェラでイクことができる感覚、咥えられたまま口内射精するあの感覚を味わいたい方は、是非オナニーを改善していきましょう。

ですが、いきなりオナニーを改善しろと言われてもきつい方もいるでしょう。そういう方は徐々にで構いません。

毎日床オナニーをしている方は、2回のうち1回は手でやってみるなどしてください。

筆者も実は床オナニーの常習者ですが、意外と手でもイケるもんですよ?徐々に体を慣れさせていきましょう。

 

フェラでイクための具体的対処法

亀頭オナニーを実践してみる

亀頭オナニーとは読んで字のごとく、亀頭を実際に触ってオナニーする方法です。指の腹を使って亀頭を刺激したり指で輪をつくりカリの部分を往復させます。

この方法であれば、フェラのように直接亀頭を刺激することができますし、締め付けもさほど必要ありません。

なお亀頭オナニーはローションがあると行いやすいので併用をおすすめします。

 

締め付けが弱いオナホールを使ってみる

オナホールより手のが気持ちいいという意見をよく耳にします。その理由としては、オナホールは総じて手の刺激より緩いからです。

はい、ガバガバのガバマンです。

ですがフェラでイクにはあえて締め付けが緩いオナホールを使ってイケるようにトレーニングする必要があります。

最近では口の形を模したオナホールも登場しており、疑似フェラが体験できます。そのようなホールを使ってイケるようになればこっちのもんです。

おすすめはオナホールを人肌に温めてからすると実際の感覚に近づくのでおすすめです。

 

雰囲気やシチュエーションを変えてみる

いつもの同じ場所や同じ雰囲気でしていませんか?これはマンネリ化の原因です。

場所をラブホに変えるだけでも感度があがったなんて話もよく耳にします。

野外でのフェラはスリルがあってやみつきになるとかなんとか。しかし、公共の場でするのは控えましょうね。

人の迷惑にならない車内フェラなんていかがでしょうか。

 

照明をつけてやってみる

女は耳で興奮し、男は目で興奮する。と言われているように男は目からの情報で性的興奮を覚えます。

フェラをする時も照明をつけてかつ女の子には全裸になってもらった方がイキやすいといえるでしょう。

しかし照明つけたら逆に萎えるわ!なんて人もいるでしょう。はい、フェラをしてくれる女の子が好みタイプじゃなかった場合などはたしかに萎えます。

そんな時はそっと目を閉じ、超可愛い美少女にフェラしてもらっていることを想像しましょう。

 

気が散る要素を一切排除する

フェラをされる時、あなたは本当にリラックスしていますか?

私の知人は、フェラをされる時に彼女の髪の毛がいちいち股間周辺にあたって気が散るからイケないと言っていました。このようにフェラに集中できない要素は人それぞれです。

ちなみに私は無音の状態でないと集中できません。テレビをつけながらなどもってのほかです。

もし、そういう要素がどこかにあったら前もってパートナーに言うなどして対応しましょう。

 

彼女のフェラテクをあげてもらう

彼女のフェラテクは完璧か?と言われて「完璧!」と言える人がどれくらいいるでしょうか。

たまに歯を平気であててくる人がいますが、もはやそんなのは論外です。膣内に歯のような硬いものがありますか?ありませんよね。

ちょっと歯があたっただけでも萎えるという人も実際にいます。言いにくい部分もあると思いますが、ダメなところダメ、こうしてほしいといったところはこうしてほしい!とちゃんと指示して改善してもらいましょう。

大好きな彼の言うことならきっと素直に聞いてくれるはず。

 

プロにお願いしてイク感覚を体験する

彼女のフェラでどうしてもイケないという方、一度プロにお願いしてみたらいかがでしょうか?

ピンサロでしたら数千からフェラしてもらえます。彼女らは何本のペニスをお口に抜いてきた猛者達ですので、そのテクニックも一流でしょう。

お客さんのリクエストにはもちろん応えてくれますし、お客さんが中々イかないと彼女らはあらゆる手段でイかせようとしてきます。

そこでイク感覚というのを実際に体験し、その感覚を脳裏に焼き付けるのです。

どういうフェラが気持ちよかったのか、自分がどうしたらイったのか、早いフェラなのか緩急をつけたフェラなのか、ノーハンドフェラなのか、玉を触られながらのフェラなのか、様々あると思いますがその体験を元に彼女のフェラを指導してあげればよいのです。

 

イラマチオをさせてもらう

これはもしかしたらパートナーが嫌がるかもしれませんが、イラマチオであれば自分のペースでピストン運動が行えます。

正直これ、かなりでかいです。もっとフェラ継続してほしいのに良いところで疲れて手コキに切り替えられた!といった経験をした人も多いはずです。

パートナーの体力がもう少しあれば・・・それを改善できるのがイラマチオです。なぜならイラマチオは口を一定の形にして固定するだけでパートナーの体力は消耗しません。男が動けば良いだけですからね。

これで口でイケる感覚が身につけば、きっとそれを通常のフェラでも活かせるはずです。

ただし、あまり喉奥までペニスを突っ込むのはやめておきましょう。ゲロまみれになったベッドで寝るなんて私は御免です。

 

まとめ

どうでしょうか。

ポイントとしては刺激の強いオナニーは止めて、オナニー回数を減らすことです。

フェラで口内射精した時のなんとも言えない高揚感や征服感は癖になること間違いなしです。

それにフェラでイカせたいという女性も実際に多いです。もし、フェラでイケるようなれば自分もパートナーもお互いハッピーになれるはず。

まずは実践あるのみです。頑張りましょう。

 

こちらの記事も読まれてます