どうもこんにちは。

ママ活というものをご存知だろうか。最近メディアでも取り上げられるようになったこのママ活。

そのママ活を出会い系サイトを使って行う男も多いようです。女の子側でログインして男の掲示板を見ると、そのような募集をよくみかけます。

今回は、出会い系サイトでママ活をするのはやめたほうがいい理由について書いてみました。

ママ活とは?

ママ活とは、セレブな女性が若い男の子にお金を払って、身体の関係無しで一緒にデートに行ったり、食事をしたりするというもの。

時給換算での金銭の受け渡しもあれば、食事やデート代だけを払ってもらう場合もあります。

一般的には身体の関係は無いと定義されていますが、実際は身体の関係がある場合もあります。

 

出会い系サイトでママ活をやめたほうがいい理由

ママ活できるほどのママが出会い系サイトにいない

ママ活できるママというのは、経済的にかなりセレブな女性です。

セレブな女性はまず出会い系サイトなんか使いません。

それこそ、どこかの高級レストランに行って、リアルにナンパした方がママ活としては成功すると思います。

ママ活の募集をしても援助交際のメールしか来ない

出会い系サイトでママ活募集!なんて募集をかけようものなら、援デリ業者の格好の的になります。

さらにそのような業者から「ママになるから最初だけ信頼の証として2万円頂戴」など逆に金銭を要求されるケースもあります。

絶対にだまされないようにしましょう。

ライバルが多い

そもそもママ活は、ライバルがめちゃくちゃ多いです。

100人の男で1人のセレブママを奪い合うような倍率です。

ママにとっては、男を選び放題です。

出会い系サイトで募集したところで、まずライバルが多すぎて見向きもされないでしょう。

あなたがかなりのイケメンでさらに20歳代でない場合、ママに見向きもされないでしょう。

老いたブサメンでは、ママに出会うことすらできません。

そもそもママ側は金を払うまでもなく普通に男の子と出会える

ママ活をしなくても、出会い系サイトを普通に使えば、金銭の授受無しで会ってくれる男の子はたくさんいます。

そんな中でわざわざ初めから男の子にお金を払って会おうとするママがいるでしょうか?

さらに、出会った男の子がお気に入りの男の子だったら、女の武器を利用してセックスにまで普通に持ち込めます。

無料でここまで欲求が満たせるのに、わざわざお金を払ってまで男の子を囲っておこうと考える女性は少ないです。

 

出会い系サイトでは、ママ活をしようとしてするもんじゃない

出会い系サイトでは、「ママ活募集!」などと堂々と初めからママ活目的で利用しても全く反応が無いです。

実際に私も試してみましたが、くるのは援デリ業者からのメールだけでした。

本物のママをとんでもない倍率を勝ち抜いて出会い系サイトの中から探し当てるのは至難の業です。

出会い系サイトでのママ活は、正直おすすめできません。

自然と貢いでもらえるような男になれ!

初めはママ活目的では無かったけど、会うたびに結局貢いでもらっていたというパターンがよくあります。

ある意味これがママ活として一番成功しやすいパターンだと思います。

初めからお金目的全開でママに近付くのではなく、まずは自分が最初に価値を提供しましょう

自分はあなたにとってこれだけ価値がありますよ。と証明するんです。

最初は徹底的にギブギブギブです。

ママの欲求を上手に満たせば自然と貢がれる存在に

ママ活をするママが求めているものは、おおむね以下の通り。

  • 非日常感を味わいたい
  • 癒やされたい
  • 旦那の愚痴や日常の愚痴を聞いて欲しい
  • チヤホヤしてほしい
  • 恋人気分を味わいたい
  • セックスをして性的欲求を満たしたい

これらの欲求を上手に満たしてあげれば、あなたはママの中のオンリーワンな存在になることができます。

オンリーワンな存在になることさえできれば、あなたを手放したくないという思考が働き、自然と貢がれる男になります。

結果的にこれが一番理想です。

まとめ

今回は、出会い系サイトでママ活はやめておいた方が理由について記事にしてみました。

ママ活をするならば、出会い系サイトではなくリアルナンパの方が良さそうです。

ネットリテラシーの無い欲求不満なセレブ妻を狙うのがベストです。

以上、ぱこりずむ編集部からのお届けでした。

こちらの記事も読まれてます