男なら誰もが一度は憧れる「ハメ撮り」。

しかし、いざハメ撮りをしようにもなかなか彼女の許可が降りない。

今回は、そんな時に役に立つ、「彼女にバレずにハメ撮りをする方法」をまとめてみました。

ただし、隠し撮りは罪に問われる可能性があるのであくまでも自己責任で。

彼女にバレずにハメ撮りする方法!

スマホの無音カメラを使う

スマホの標準で備え付けられているカメラを使おうとするとシャッター音がかならずしてしまいます。

録画ボタンも然り。

これでは、ハメ撮りしていることがバレバレです。

そこで、便利なのが「無音カメラ」というアプリです。

スマホには、上のアプリの他にもたくさん無音で写真や動画を撮れるアプリがリリースされています。

それらのアプリをスマホにインストールすれば、無音で写真や動画が撮れるようになります。

また、容量のあるSDカードに動画を保存するようにすれば、長時間動画を撮り続けることが可能です。

隠しカメラを使う

バレずにハメ撮りしようとしても、カメラ自体がカメラです!と主張していたのでは意味がありません。

ひと目見てカメラとわかってしまっては普通にバレてしまいます。

そこで登場するのがこの隠しカメラです。

モバイルバッテリーにしか見えないので、これをベッド横に設置しておけば、怪しまれずに簡単にハメ撮りをすることが可能です。

また、このような隠しカメラは様々なものが発売されており、メガネや目覚まし時計にカメラが付いているものまであります。

ここまでくるとまずバレることないでしょう。

安全にハメ撮りしたい方にはおすすめです。

ウェブカメラを使う

ウェブカメラを使うとなるとハードルが高いように思いますが、これが以外にバレません。

パソコンのディスプレイをベッド方向に向けて、そのディスプレイにウェブカメラをしれっと設置しておけば、自然な感じでハメ撮りすることが可能です。

もちろん、不自然にならないようにパソコンの設置位置を調整することは必須です。

最新のウェブカメラであれば、非常に高画質で撮ることができます。ズームや角度もパソコンの操作で調整することが可能です。

怪しまれない自身があるのであれば、ウェブカメラを使うと良いです。

高画質でハメ撮りしたい人にはおすすめです。

最適なハメ撮りシチュエーションを作り出せ!

電気をつけてセックスすること!

恥ずかしがり屋な彼女の場合は、電気をつけてセックスをすることを嫌がるかもしれません。

ハメ撮り当日にいきなり電気をつけてセックスをするのは怪しまれる可能性があるので、徐々に慣らしていきましょう。

前戯部分だけは、電気をつけて挿入時は電気を消す。これを繰り返して最終的には挿入時も電気をつけてのセックスをお願いしてみましょう。

目隠しプレイをすれば撮り放題!

目隠しプレイをすれば、ハメ撮りし放題な環境ができあがります。

この状況を作り出せれば、スマホの無音カメラで撮り放題です。

結合部分も接写で撮ることが可能です。

目隠しプレイをする場合は、アイマスク等の隙間から見えてしまうものではなく、しっかりタオルなど縛って漏れがないように目隠しをしましょう。

バックをしている時にハメ撮り!

四つん這いでバックをしている時は、ハメ撮りするチャンスです。

バック時は前を顔が向いているため、男が手元でなにをしているかわかりません。

このチャンスを狙ってサイドテーブルに置いておいたスマホを手に取りすかさずハメ撮りすることも可能です。

スムーズに行うためには、セックスの前にスマホを録画モードに変えておくといいでしょう。

手に持った瞬間から何も操作せずにハメ撮りすることが可能です。

 

まとめ

今回は彼女にバレずにハメ撮りする方法をまとめてみました。

これらの方法を使えば、なかなかハメ撮り許可が降りない彼女を簡単にハメ撮りすることができます。

しかし、何度も言いますが、無許可でハメ撮りしたら罪に問われる可能性があります。

バレなければいいと思うかもしれませんが、万が一もあります。もしバレたらあなたとその女性の関係が切れてしまうかもしれません。

あくまで自己責任でお願いします。

こちらの記事も読まれてます